ペット

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット



商材詳細

■商品名:

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット

■商品詳細:

TVチャンピオンダメ犬しつけ王優勝!森田誠の犬のしつけ方DVD。分かりやすいDVDと、充実の特典・アフターサポートで、誰でも簡単に愛犬のしつけをすることができます。

■商品内容:

しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典

■ジャンル:

ペット

■販売価格:

16000円

■販売者名:

森田 誠
★ペット☆

「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット
犬のしつけマニュアル
森田誠の犬のしつけマニュアル
プライバシーポリシー
特定商取引法の表記
※こちらのサイトからの海外発送はできません。
(商品内容:しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典)
商品の注文方法が分かりづらいお客様は
こちらからお電話にてご注文いただくことができます
しつけ教室や警察犬訓練所などで、動物行動心理学に基づいたしつけや訓練を行っても、なぜ問題行動が改善されないのかなどを脳科学の視点から分かりやすく説明をしています。
ご購入者の方々は全てが目からウロコで、なんでダメだったのかしっかり理解できる内容だと大変好評です。
その他、ストレスの反応や心理学についても非常に分かりやすく説明をしてありますので、犬という動物に対してどう接したらいいのかが、しっかり理解できる内容になっております。
犬の習性や本能等について、また脳科学・ストレス学・心理学に基づいてわかりやすく説明しています。
犬をしつけるには犬という動物を知らなくてはなりません。
犬のしつけ育成は原点の考え方がとても重要です。
このマニュアル本はご愛犬を愛する方の最適なバイブル書になることでしょう。
※こちらのサイトからの海外発送はできません。
(商品内容:しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典)
商品の注文方法が分かりづらいお客様は
こちらからお電話にてご注文いただくことができます
こんにちは。森田誠です。
私は、1975年から犬のしつけや訓練を今日までおこなってきました。
今年で34年目になります。
警察犬の訓練、介助犬の訓練、聴導犬の訓練、フリスビードッグの訓練、テレビや映画に出演するムービースター犬の訓練、そしてコンパニンオンドッグの育成。
現在はコンパニオンドッグといわれる家庭犬のしつけと育成を専門として活動しています。
2006年11月にテレビで放送された、「TVチャンピオン【ダメ犬しつけ王選手権】」で優勝させていただいたことがありますので、もしかしたらご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
そして警察犬の全国大会でも沢山の犬をチャンピオンGにしてきました。
しかし、ボールや食べ物を使っていうことを聞くように訓練した犬、また「叱る・褒める」でしつけた犬が人間と同じように家族の一員、社会の一員として、迷惑をかけない良い子になるだろうか・・・と自分に問いかけたとき、答えは「NO」でした。
そして私は世界中の様々な国へ何度も行き、海外のしつけや訓練の考え方や技法を視察してまわりましたが、海外でもほとんどが「食べ物」と「命令」と「叱る・褒める」のしつけ方が行われており、日本となんら変わりありませんでした。
それでも違うと感じていた私は、独自で脳科学・ストレス学・動物行動心理学・児童心理学・犯罪心理学など様々な心理学や遺伝子学の専門書を読みあさりました。
そして、ついに答えを見つけたのです。犬のしつけ育成は、脳科学とストレス学と感情の心理学の中に答えがあったのです。たとえば、犬の脳の領域では「叱られたこと」「褒められたこと」が、理解して処理できる能力が無かったのです。
また、一般に行われているしつけ訓練は犬の狩猟本能と条件反射を利用した、形だけを教える動物行動心理学だということが分かったのです。
それ以来、犬を科学し独自で困らない心理の犬のしつけ方と育成を行ったところ命令のいらない困らない心理の犬が育まれてきたのです。
私はこのしつけ方や育成が医学的・科学的な面からも自信を
持っているので皆様に動画でその成果をお見せすることが出来るのです。
森田誠は人間と同じ感情を持った犬に、ご褒美をあげる代わりに「おすわり・まて」などをさせるしつけ方や育成方法が間違っていると考えています。
この方法では、良い心理は育めないということは心理学の世界から見ても明らかです。
現在日本の多くの方がやっているしつけ方法は、
「おもちゃをあげるから、おすわりしてね」
「おやつをあげるから、こっちへ来てね 」
といいったものです。
しかしその方法では、犬をしつけるどころか余計に手に負えない犬の野生の本質を育ててしまっているのです。
「愛犬と楽しく豊かに一緒に暮らしたり、旅行に行ったりするのが夢だったのに・・・」
「毎日犬と楽しくお散歩をするはずだったのに・・・」
今では、家族や近所に迷惑をかけ、癒しどころかストレスになってしまい、毎日疲れてしまっている飼い主さんがとても多いのです。
今までのしつけ方をどんなに頑張ってもうまくいかないのは、そのしつけ方法は犬の本質を育んでいるしつけだからなのです。そんな生活から抜け出し愛犬と夢みた生活のために、今、一歩ふみ出して一緒に愛犬のために頑張りましょう。
犬の行動心理学
犬の行動心理学の視点から話をすると、おもちゃやおやつがほしくて言うことを聞いているということは、犬の本来もっている、獲物を追いかけるという狩猟本能に働きかけていることになります。
つまり、狩猟本能という攻撃的な野生の本能を強めることになります。
ですから、実は今までのしつけ方法では、しつけをする前よりも、
しつけをした時のほうが余計に
手に負えない犬になってしまうケースがたくさんあるのです。
野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。
犬が人間社会で生活する以上、犬の攻撃的な野生の部分は必要ありません。
おやつやおもちゃを使ったしつけ方法は、飼い主の言うことをきけば、ご褒美をもらえるという、獲物を獲得するゲームだと犬は捕らえています。
あなたの言うことに従っていると言うよりは、獲物がほしいから、オスワリなどの行動をしているだけで、
従っている訳ではありません。
おやつやオモチャを使って築いた愛犬との関係は飼い主さんを信頼して従っている「心」の関係ではなく、おやつやオモチャがほしいから、従っているフリをしている「モノ」との関係なのです。
私のしつけ方法がよそで行なわれている方法と違うところは、
「人の愛情に喜んで従いたい」という心理を育てていくことにあります。
つまり、あなたの愛犬が、飼い主であるあなたを信頼して従うようになる「心」の関係を築く方法です。
犬の訓練士に、しつけをしてもらいたいという方もいらっしゃいますが、よく考えて下さい。
愛犬と信頼関係を築くのは、他でもないあなた自身です。いくらしつけをトレーナーの人が教えても、あなたがしつけ方法や犬への接し方を学ばなければ、結局もとに戻ってしまいます。
つまり、
あなた自身が、ご愛犬と信頼関係をはぐくむためには、あなた自身が、しつけ方、そして犬への接し方を覚える必要があるのです。
信頼関係が築できれば、問題行動を起こしていた犬でも、
見違えるように穏やかで従順な良い子になります。
※こちらのサイトからの海外発送はできません。
(商品内容:しつけマニュアル本160ページ + 選べるDVD 2枚 + 特典)
商品の注文方法が分かりづらいお客様は
こちらからお電話にてご注文いただくことができます
特定商取引法の表記|プライバシーポリシー
Copyright2009 Dog Training Road.All rights reserved
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット
犬のしつけ方マニュアルおすすめ室内犬しつけ方法マニュアルおすすめ教えて下さい。犬のしつけマニュアル色々売られていますが、どれが一番効果ありますか犬のしつけ方犬のしつけ方法マニュアルお勧め教えて下さい。
犬のしつけマニュアルランキングhttp://jcxhsjs.atgj.net/参考になりました。1位のマニュアルを買いましたが、とても分かりやすく、効果ありましたよ。犬のしつけに必要なことがすべて独学でマスターできる内容なので、犬のしつけ教室などに通わなくてもすべて飼い主さんが自分で出来るようになります。買っておいて損はないと思います。
犬のしつけ方法について教えて下さい。現在、生後7ヶ月のパグ(雄)を飼っています。お座りや待てなどは問題なくできます。お聞きしたい事なのですが、昼間などはゲージの外に出しているので無駄吠えなどはしないのですが、寝る時やゲージに入れておかなければいけない時になるとやたら無駄吠えをします。あまりにもひどいとお尻を軽く叩いたりするので鳴きやむのですがしばらくするとまた鳴きだします。。。どなたか良い方法お教え下さい
少しずつ、練習はしましたか?例えば、ケージに入れて10分で吠え始めるのであれば昼間時間に余裕のある時に5分間だけ入ってもらって吠え出す前にケージから開放してあげて「吠えないで入っていられたこと」を、褒めるんですよ。時間は毎日徐々に長くしていきます。もしも30分くらいまで行った頃にものすごく吠え出したりしたらもう一度15分くらいに戻るとか。だいたい寂しくて吠えて訴えているのがほとんどだと思いますが、大人しくケージにい続けられたら飼い主さんが褒めてくれる、遊んでくれる、おいしいご褒美がもらえる・・・と楽しい結果につながるように練習してあげて下さいね。ε-【☆´ω`☆】意味フケージに入れて直ぐに出す。そして褒めます。ケージに入れられても出してもらえるということを学習させます。この人の回答は、この方法の補助的なものでしかありません。馬鹿ですね。
今度、トイプードルを飼う予定ですが、しつけ方法がいまいちわかりません。無駄吠えだけは、しつけないと、近所迷惑になるので、無駄吠えのしつけ方法がありましたら教えてください
トイプードルのオスを3年ほど前から飼っています。二頭飼いなのですがプードルはかなり元気がよくやんちゃです*甘噛みやいたずらもけっこうありましたが成犬になるとおさまりました。無駄吠えは小さいころからしつけて今ではなくなりました。大きな音や聞いたことのない音に反応して、威嚇してほえているのだと私は勝手に思っています(`´)なので怒るというよりも大丈夫、怖くない、ということを覚えさせました。あとは必要以上にきつく叱らないこと、かなりかしこいので飼い主さんの様子や口調でダメなことというのがわかると思います。絶対にやってはいけないのが、時間をおいての注意だったりします。プードルは毛も全く抜けないし、トリミングの楽しみもあるのでオススメですよ*
ペットのトイレ(しつけ)について。現在、もうすぐ生後4ヶ月で家に来てから1ヶ月も経っていないポメラニアン(女の子)が家族にいます。ゲージ内でのトイレは、ほぼ確実にできるのですがゲージの外にでると、一切トイレでしてくれません。ゲージに戻ってすることもせず、トイレをゲージの外にだしていてもできません。今までしてきた対策として、・クンクンにおいをかいでトイレをしそうになったら、ゲージに入れる。→トイレをしてくれず、ゲージの外が気になりゲージに前足をかけてキョロキョロして失敗。監視していても、私のことが気になってトイレをする素振りをみせません。離れて、たまに覗くようにしてもトイレの瞬間を捉えられず、褒めてだしてあげるが理解しているのか不明。・ちがうところでトイレをしたら、無言でゲージに入れてしばらく放置。→特になにも変わらず失敗。・トイレシートを外に何枚か広げる。→引っ張って遊ぶため、途中で断念。ゲージの外でトイレをした時は臭い消しの犬用スプレーもしていますがいたるところでします。トイレのしつけは気長にと言われましたが、ズルズルできないまま大人になるのでは?と心配があります。前提が長くなったのですが・しつけ教室に行く方がよいのか。・自宅でできる良いしつけ方法はなにか。・クンクンしてトイレをしそう!のタイミングはだいたいわかるのでその瞬間にトイレシートをおしりの下にしいてあげるのはありですか。お教えいただければ嬉しいです。(上記に記載できてないことがあり、後出しになる話もあるかもですがよろしくお願いします。)
普通のペットシートに比べると多少値段がかかりますが、トイレトレーニング用のペットシートが売っています。後は"トイレの学習"というスプレーは結構効果がありました(個体差もあるでしょうが)まだ生後4ヶ月との事ですので、しつけ教室よりパピーパーティー等に参加する方が良いと思います。トイレしそうになった時にシートを下にしくのは、犬がびっくりしてトイレをしなくなったり、後ろに立たれたりするのが嫌になってしまう場合もあるのでオススメしません。案外、トイレの場所が気に入らないという場合もあります。トイレを失敗したところにペットシートを置くとちゃんと出来た!という場合もあります(うちの前の犬がそうでした。)家に来て1ヶ月経ってないでケージでのトイレが確実なら、もう少し家に慣れれば出来る様になると思います。焦らずゆっくり、飼い主さんが今からきちっとしつけをされている様なので、必ず出来る様になりますので、広い心で見守ってあげて下さい。
犬のしつけに詳しい方に質問です。ゴールデンレトリバーを飼い始めたのですが、しつけ方法を教えて下さい。ここで言うしつけとは、お手、おすわりなどではなく、よりレベルの高いしつけです。例えば散歩中リードを引っ張らず飼い主の隣を歩く。吠え癖、噛み癖をなくす。など、言うことをよく聞く従順なワンちゃんにしたいと思ってます。そんな賢いワンちゃんに育て上げるのは素人ではなくしつけ教室とかに行かないと無理ですか?それとも、その通りにやれば出来る本やDVDを知っていたら教えて下さい。もちろん質問の回答に書いて下さっても構いません。よろしくお願いします。
本やDVDなどを見れば躾方を学ぶことが出来ますし、その通りにやれば上手くいくこともあります。問題は上手くいかなかった時ですが、上手くいかない場合の原因は様々です。例えば、指示の出し方が悪く犬が理解出来なかったり混乱してしまう、吠える原因を誤解して対処してしまえば吠え続けます。ちょっとした指示の出し方や誘導方法の違い、褒めるタイミングや、NOや駄目というタイミングも重要なのですが、躾に慣れていない飼い主の場合、微妙な差が分からず非効率だったり犬が理解しにくい教え方を延々と続けてしまう事があります。そんな時には、犬の躾に詳しい専門家(トレーナーなど)に見てもらえれば、何が悪いのかすぐに判明し対処することが出来、ワンちゃんの覚えも早くなります。優秀なトレーナーは、色々な対処方法や躾方を知っており、各々のワンちゃんに合った方法を見つけて教えてくれます。お奨めなのは、本やDVDを数冊買って基本を学び(ユーチューブなどで動画を見てもいいでしょう)、まずはその通りにやってみて、上手く躾けられた科目はそのままで良いけど、上手くいかなかった科目があった場合、躾教室やスクールに入って教えてもらうと良いでしょう。また、ご希望のレベルならトレーナーではなくベテランの飼い主でも出来る程度のものですから、友人・知人に長年犬を飼っていて躾熱心な方がいたら、その方にアドバイスを頂いても良いと思います。基本は、本やDVDで学び、個体差に合わせた教え方は専門家やベテランのアドバイスを仰ぐ、という方法が最良だと思います。参考になれば幸いです。